市川・鎌ヶ谷・柏・我孫子・松戸・野田・流山など千葉県の葛飾地区で保険見直し相談なら損保ジャパン日本興亜代理店アイ・アイ・シー

スタッフプロフィール

  • HOME »
  • スタッフプロフィール

新しい保険代理店が誕生

株式会社損害保険ジャパン(現損害保険ジャパン日本興亜)で、トータルライフカウンセラーとして活動後、保険代理店を開業した3社が2016年2月1日に合併させていただきました。ご契約者さまにおかれましては、これまでのご指導ご支援に御礼申し上げます。

個人のお客様の人生設計、生活創造、法人のお客様の事業創造支援をさせていただきます。

もちろん、保険ご相談は何度でも無料です。

「保険屋」が来ただけで悪いイメージが付きまといます。なぜなら、「見えない物」にお金を払っていたからです。

どんな商品か、どのような補償がされるのか、保険料の推移はどうなのか・・・きちんと説明を受けたら納得していただけるのではないでしょうか。 「保険」というものは「正しく」普及させれば、大変重要なものです。

保険には本来「いい保険」「悪い保険」という概念はありません。

現在金融庁に認可されて販売されている保険はすべて「いい保険」であるといえます。問題の本質はお客様のライフステージに「合っているか」なのです。

自分の 体のサイズに合った洋服を選んだり、自分の生活レベルに合った車を選んだりするのとまったく同じなのです。当社はお客様のお話をお伺いし、「合っている」商品をオーダーメイドで合理的なご提案をさせていただきます。

0.17_0_0.06_0_178_204_csupload_68311388

スタッフプロフィール
名前をクリックするとフェイスブックページにリンクします。

小原(こはら)
東海大学0_0_0_0_247_165_csupload_68311586卒。数々の分野での経験を生かし、平成23年、株式会社損害保険ジャパン(現損害保険ジャパン日本興亜)に入社。 3年間のお客様担当としての活動の後、保険代理店として独立を果たす。休日はテニスコーチのボランティアをこなすなど、多忙な日々を送る。 10年間の社会貢献が認められ、浦安市体育協会功労賞を受賞。

「すべてのお客様のために」For Total Customers
「ご加入頂いた時から、お客様との関係が始まる仕事がしたい」という思いで、保険業の仕事に励んでいます。弊社は、お客様に万が一の事が起こった時にお手伝いします。さらに、やさしく、わかりやすい説明ができるように、日々励んでいます。
・資格:損害保険プランナー・トータル・ライフ・コンサルタント

 

渡部 陽祥(わたなべ あきよし)
1975年9月生まれ。山形県東根市生まれ千葉県育ち。0_0_0_0_133_135_csupload_62037893某私鉄系スーパーで20年、独創的なアイデアと提案力を発揮。平成22年、私鉄系ストアの保守的な風土に別れを告げ、株式会社損害保険ジャパン(現損害保険ジャパン日本興亜)に入社。 3年間のお客様担当としての活動の後、保険代理店として独立を果たす。

<趣味>
・ドライブ旅行:「ちょっとラーメンを食べに」喜多方まで。「おいしい餃子を食べに」宇都宮まで・・・18歳で免許を取得して毎年4万キロ以上走り続けています。「関東道の駅スタンプラリー2005」制覇経験あり。
・スキー:経験年数は長いのですが、未だに直滑降専門です。
・温泉:スーパー時代はほとんど休みが取れなかったので、関東甲信越、南東北の温泉地はほとんど日帰りで行っていました。最近は近郊に温泉施設が多数オープンしたのでよく利用しています。

出会いは億千万の胸騒ぎ・・・一期一会。一つ一つの出会いを大切に。
お客様に卓越した解を提供します。・・・お客様にわかりやすくご説明いたします。
お客様の明るい家族計画をサポートします。・・・お客様の家族皆様の人生をサポートします。
・資格:「シニアライフコンサルタント」

 

玉置 亮達 (たまおき りょうたつ)
0_0_0_0_163_130_csupload_683114131983年12月生まれ。法政大学文学部英文学科卒。20代後半まで洋菓子を売りながら、バンド活動をしていたという異色の経歴の持ち主。バンド活動中に取得したファイナンシャルプランナーの資格を生かすため、平成22年、株式会社損害保険ジャパン(現損害保険ジャパン日本興亜)に入社。 2年間のお客様担当としての活動の後、優秀な成績を収め保険代理店として早期独立を果たす。
<趣味>・音楽・ドラム演奏・音楽鑑賞・楽器屋めぐり・ギター演奏・山登り(大学時代は山岳部)

「知らない」ということで損をするということをなくしたい
今や情報化社会、ネットで調べれば何でも分かるという時代になって参りましたが、それが逆に「知っている人」と「知らない」人との差を生むことになった気がします。「知らない」ということで損をするということを、なくしたいとの思いを持ち続けます。

PAGETOP